HOME » 安全で誰でも受けられるインプラント治療

安全で誰でも受けられるインプラント治療

日々進化するインプラント治療。最近はより安全・安心・確実な治療になっているため不安感や恐怖心なく治療を受けることができます。

インプラントは安全性の高い治療法です

インプラント治療は金属のネジを埋め込み人工の歯を取り付けるため手術を必要とする治療です。手術が必要ということで多くの方は恐怖心や不安感をもつことでしょう。実際にインプラントにしようか悩んでいる方も、多くは痛みや腫れといった手術に対する怖さではないでしょうか。

ですが医療は日々進歩していて、インプラント治療のリスクは以前よりも軽減され、安全性の高い治療法として確立されています。誰でも安全・安心にインプラント治療が受けられる理由を、ここでまとめてみましょう。

痛くない静脈内鎮静法

インプラント手術での不安感をなくす方法に、静脈内鎮静法があります。

半分寝ているような状態で手術を行うため、痛みや恐怖を感じることがありません。「目が覚めたら終わっていた」という状態のため、インプラントに恐怖心を抱いている方にとてもおすすめです。

切らないフラップレスインプラント

フラップレスインプラントは従来のインプラントのように歯肉をメスを使って切開するのではなく、歯肉に4mm程度の小さなパンチホールを開けて、その穴にインプラントを埋入する方法です。

メスを使わないため精神的不安が少なく、切開がないので出血量が少なくすみます。術後の腫れも痛みも少ないので、患者にとって多くのメリットがある治療法です。

骨が足りない場合の骨造成治療

インプラントを埋め込むための骨量が不足している場合でも、骨量を補うための治療法であるソケットリフトやサイナスリフトでインプラント治療が可能になります。

クリニックで骨量が少ないためインプラントができないと断られた方でも、この手術法を扱っているクリニックを選ぶことでインプラント治療が可能になることもあります。

最新技術のガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーは手術までに制度の高いテンプレートを作成して手術に用いることで、正確で安全、短い時間でのインプラント治療を可能にします。

どんなに優れた医師でも、事前のシミュレーションなしに骨の中にドリルを入れることはできません。ガイデッドサージェリーによりインプラントの安全性や確実性、痛みの少ない治療を可能にします。