HOME » 即日インプラントのオールオンフォーとは » インプラント治療ができないケース

インプラント治療ができないケース

インプラント治療ができない場合とは?治療ができないケースを紹介します。

インプラントができないケース画像

インプラント治療はできない場合もある

せっかくインプラント治療を決意しても、問診や口腔内検査、X線撮影などで口腔内の状態や健康状態を検査・診断したあとで、「インプラント治療ができない」と言われる場合がまれにあります。

では、どのような場合にインプラント治療ができないのでしょうか。インプラント治療ができないケースをいくつか紹介します。

インプラント治療ができないケース

骨の不足

インプラントを埋め込むためにはインプラント体を埋め込むことができるだけの骨の幅と量が必要です。

骨の量や質が不足していると治療が困難であったりできなかったりすることがありますが、現在は骨の量と質を補う技術が開発されたことで数年前では難しかった症例も治療可能なことがあります。

骨の量や質が不足している場合は難しい症例も引き受けている歯科医院を探し、相談をしてみましょう。

糖尿病

1型糖尿病で血糖値を上手くコントロールできない方はインプラント治療を安全上避けた方が良いと言われています。

その理由は血管の細胞の障害による傷の治りが悪いこと、免疫力の低下による細菌感染リスクが高いことなどが挙げられます。このような場合手術リスクが高くなるためインプラント治療を断られることもあります。

肝疾患

肝硬変や急性肝炎などの重度の肝疾患がある場合、血液中のたんぱく質であるアルブミンが合成されないという特徴があるため、手術で血が止まらなくなってしまうリスクがあります。

さらに手術で投与される薬も、肝疾患があると代謝されにくいこともあります。重度の肝疾患ではインプラント治療は危険です。

腎疾患

重度の腎疾患では免疫力の低下により傷が治りにくく、さらに骨がもろくなっているためインプラント治療は危険です。

血液透析を受けている場合は腕に動脈と静脈の吻合を作るので細菌が遠隔臓器に飛ぶ可能性もあります。

心臓病

心臓病をもっている方は場合によりインプラント治療ができないため、主治医との相談が必要です。

例えば狭心症の方は安静状態でも発作ができるような場合、不安定狭心症と呼ばれていて心筋梗塞発作に移りやすい傾向があるため、この時期に歯科治療をすることは望ましくありません。

また、ペースメーカーを入れている方は出血を伴う外科手術では、感染性心内膜炎になる懸念があるためインプラント治療を受けるのは難しいでしょう。