HOME » 即日インプラントのオールオンフォーとは » 費用・相場

費用・相場

All on 4(オールオンフォー)にかかる医療費と控除について説明します。

オールオンフォー・費用相場の画像

最新治療のオールオンフォーとは

All on 4(オールオンフォー)は歯をすべて失った顎に対し、4本のインプラントをバランス良く埋入することで、合計10~12本の固定式人工歯を支えることができる最新の治療方法です。

通常のインプラント治療では失った歯の本数分インプラントを埋入する必要がありますが、オールオンフォーは4本のインプラントを埋入するだけでいいため、身体の負担や費用を軽減することができます。

気になるオールオンフォーの費用について、術前検査・診断料・手術費用・補綴(人工歯)費用・メンテナンス費用に分けて紹介します。

オールオンフォーの費用相場(片顎)

術前検査・診断料

内訳 口内の状態の確認、レントゲン撮影、歯型の模型製作、診断料
費用相場 1万5千円~5万円

インプラント手術費用

内訳 インプラント体(人工歯根)、アバットメント(土台)、技術料、服用薬代、静脈内鎮静法費用、仮歯
費用相場 120万円~180万円

補綴(人工歯)費用

内訳 人工歯、接着するセメント代
費用相場 60万円~180万円

メンテナンス費用

内訳 口内の状態の確認、歯のクリーニング
費用相場 3千円~1万円

オールオンフォーは医療費控除の対象

オールオンフォーは健康保険適用の対象ではないため、治療にかかる費用は全て自己負担となります。

片顎の費用総額相場はメンテナンス費用を抜かしても180万円~240万円、両顎だと400万円~500万円にもなります。とは言え、従来のインプラントでは1本埋入するだけで30万円~40万円にもなるため、それを考えればオールオンフォーはかなり安上がりだと言えます。

高額な費用になるオールオンフォーは、医療費控除の対象となるため条件をきちんと確認しておき、申告を忘れないようにしましょう。

医療費控除の対象となる条件は、「上顎の治療の場合」「1年間(1月1日~12月31日)に支払った治療費が10万円以上の場合」に限ります。条件が合っている場合は、翌年の2月16日~3月15日に領収書付きの確定申告書を税務署に提出をしましょう。

支払った医療費合計額が多ければ多いほど還付金が貰える可能性が高くなります。