HOME » 即日インプラントのオールオンフォーとは » 寿命とメンテナンス

寿命とメンテナンス

オールオンフォーなどインプラントの平均寿命と、寿命を延ばすために必要な定期的メンテナンスの内容について紹介します。

オールオンフォーの平均寿命画像

オールオンフォーの平均寿命は

現在インプラント治療は成功率が向上し、正しく治療を行った場合は上顎で95%、下顎で99%と高い成功率を誇ります。インプラントの治療はほぼ成功すると言えますが、その後はどの位もつのか、「インプラントの寿命」が気になるところです。

オールオンフォーを含むインプラントは、10年の累積残存率が約90%となっています。10年経過後は1割に何らかのトラブルが起きると言われていますが、10年はひとまずの区切りであり、正しく使えばインプラントは10年以上機能するものです。

ブローネマルク博士により世界で初めてインプラント治療が行われたのが1965年。その時にインプラント治療した患者は、亡くなるまでの40年以上使い続けていました。

現在も10年20年、30年以上インプラントを使用し続けている患者がいるため、必ずしもインプラントの寿命は何年だと区切ることはできません。

定期的なメンテナンスが重要

インプラントの寿命は、正しい治療と適切なメンテナンスにより伸ばすことができます。正しく治療ができていれば、患者本人による日々のメンテナンス、定期的に通院して行ってもらうプロによるメンテナンスにより、インプラントを長く機能させることができます。

インプラントの寿命を延ばすためには定期的なメンテナンスで、歯周病予防と咬合調整を行うことが何より大切です。

それぞれの重要性を理解して、きちんとメンテナンスを行っていきましょう。

歯周病予防

メンテナンスでは歯や歯肉のクリーニングを行います。「自分の天然歯が1本もないのだから歯周病にはならない」と考えている方もいるかもしれませんが、インプラントにも歯周病と似たような細菌感染が起こる、“インプラント周囲炎”があります。

このインプラント周囲炎が起きるとインプラントが脱落してしまいます。天然歯よりもインプラントの方が実は細菌感染に弱いため、インプラント治療後は今まで以上に歯周病予防に取り組まなくてはいけません。

歯周病予防は自分で行うセルフメンテナンスだけでなく、歯科医師によるプロのメンテナンスでしっかりと行ってもらうことが大切です。

咬合調整

歯のかみ合わせのバランスが悪いと、一部分だけの歯に大きな負担がかかることになります。負担がかかっている歯は虫歯や歯周病のリスクが高まるため、歯の寿命が短くなってしまうのです。

インプラント治療後は天然歯以上に噛み合わせのバランスが大きく影響を与えます。一部分だけの歯に負担がかかると骨吸収を促進してしまうため、インプラントの脱落を招いてしまうのです。

定期的なメンテナンスでは咬合調整することで噛み合わせによる負担を分担させて過度な負担がかからないようにします。咬合調整により骨吸収・インプラントの脱落を防ぎ、インプラントの寿命を延ばします。