HOME » 即日インプラントのオールオンフォーとは » 治療から完治までの期間

治療から完治までの期間

即日インプラントのオールオンフォーは従来のインプラントとどう違うのか。オールオンフォーのメリットを紹介します。

オールオンフォーの治療期間の画像

手術した日に仮歯を入れられるオールオンフォー

オールオンフォーは歯が一本もない状態の顎でも、4本のインプラントで10~12本の固定式の人工歯を支えることができるインプラント治療です。

総入れ歯の方や天然歯が残っていても保存することが難しい状態になっている方にも適した治療で、手術したその日に仮歯を入れることができるのですぐに固定式の歯が必要だという方にも適しています。

オールオンフォーのメリット

費用が抑えられる

従来のインプラントでは1本1本インプラントを埋入するため費用がかさみますが、オールオンフォーは4本のインプラントで片顎全体をカバーするため費用が安く済みます。

手術時間が短く、身体への負担が少ない

1本1本インプラントを埋入する場合は外科手術の範囲が広く、 手術時間が長くかかります。その結果身体への負担も多くなります。

オールオンフォーでは4本のインプラントを埋入するだけでよいので外科手術の範囲が狭く、手術時間が短くなります。

その結果身体への負担が少なく、痛みや腫れも少なくなります。

骨の量が少なくても手術できる可能性が高い

従来のインプラントでは奥歯にもインプラントを埋め込みますが、残っている骨の量が少ないと骨を増やす治療(サイナスリフト等)が必要となるため、治療期間や身体への負担が増えます。

オールオンフォーの場合は骨の量が多く残っていることが多い前方の顎骨にインプラントを埋め込むので、骨を増やす治療をしなくても手術できる可能性が高く、その分治療期間や身体への負担を減らすことができます。

食事や会話に影響が出にくい

従来のインプラントでは手術後に入れ歯を使用する場合があります。

歯が入るまで数か月待つ必要があり、もしも骨の量が足りず、サイナスリフトをした場合は治療期間が1年近くかかることがあります。そのため長い期間、食事や会話に影響が出ることがあります。

一方でオールオンフォーは手術後すぐに仮歯を固定します。骨が安定するまでの数か月間は仮歯で過ごしてその後最終的な人工の歯が入ります。仮歯を使えるため食事や会話に影響が出にくく、見た目にもキレイです。