~オールオン4のすべて~【東京版】 » 怖くない!インプラント治療方法を紹介 » 即時荷重インプラントとは?
公開日: |最終更新日時:

即時荷重インプラントとは?

即時荷重(そくじかじゅう)インプラントとは、インプラント手術をおこなった日(または翌日)に仮歯を装着することを言います。通常のインプラント手術の場合は、インプラントと顎骨が強固に密着したこと(オッセオインテグレーション)が確認されてから人工歯を装着します。しかし、即時荷重では、骨の量や硬さ、インプラント体の種類などを考慮して、初期固定が得られると判断されれば、仮歯を装着し、柔らかいものならば噛むことができます。

即時荷重インプラントのメリット

即時荷重の大きなメリットは、すぐに仮の歯が入ることです。特に無歯顎(全く歯が無い状態)の方は、オールオンフォーなど、即時荷重が可能な治療方法をおこなえば、歯が無い期間がなくなるので、見た目を気にせずに治療期間を過ごせることになります。もちろん、発音もしやすいので、お喋りをする時にも、人前に出ても、治療をしていることはわかりにくくなります。また、柔らかいものであれば、噛むことも可能ですから、一定の制限はありますが、食べる楽しみも我慢しなくて済むでしょう。

即時荷重インプラントのデメリット

  • 費用は全て自己負担
  • 仮の歯が壊れることがある
  • 骨結合が得られるまでは、食事制限と注意が必要である

インプラントは自由診療で保険適用外なので、費用は全て自己負担になるのがデメリットです。高い技術を必要とする手術のため、それに対応できる設備と医師が求められますが、現状では対応可能な歯科医院は限られています。

1度の手術で義歯まで入るので食べることは可能になりますが、2~3日は固い物は食べられず、柔らかい物やかたちの無い物に限定されます。その後も3~4週間はアルコールや刺激の強い物は制限されるのは覚悟しなければなりません。

インプラント埋め入れ後しばらくは、月一でメンテナンスのための通院が必要になるなど、面倒に感じることもあります。

即時荷重インプラントの手術事例

以下の事例は、徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科口腔外科で2001年以降に即時荷重を行った患者のうち、荷重後3年以上経過した無歯顎および無歯顎に近い多数歯欠損症例を対象におこなったものです。上部構造は、すべてボーンアンカードフルブリッジ(4本から6本のインプラントでブリッジ型の人工歯を支える方法。オールオンフォーもこのタイプ)でした。即時荷重を実施したのは154本で、その中で1本が失敗。埋入1カ月後に歯肉の腫れと排膿がみられ、インプラント体のレントゲンに異常を認めたため、埋入4カ月後に摘出。同時に埋入した4本は残存していたため、上部構造の支持に問題はありませんでした。この事例では、即時荷重を行ったインプラント体の累積残存率は99.4%で、上部構造の成功率は100%でした。この結果から、無歯顎の即時荷重インプラントも、患者の状態を慎重に吟味して実施すれば、通常のインプラントと変わらない確立で治療できると考えられます。

参照元:即時荷重インプラントに関する臨床的検討:3年経過時の臨床成績│日本口腔インプラント学会(日本口腔インプラント学会誌.2008.21巻4号)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsoi/21/4/21_563/_pdf/-char/ja

即時荷重インプラントの費用相場

即時荷重インプラントの費用は40万円(税別)が相場で、以下のような内容が含まれています。

インプラント本体

顎の骨に埋め込むインプラントで、材質はチタンが一般的です。メーカーによっては金属以外の材質の物もあるので、金属アレルギーの人もインプラントが可能になりました。

扱っているインプラントは歯科医院によって違い、費用は一本につき7~30万円程度が相場です。

アバットメント

埋め込むインプラント本体の上に付ける土台を言います。一個2~8万円程度が相場です。材質はチタンやジルコニアが一般的で、メーカーの純正なものを使用する歯科医院や、技工士が作る歯科医院があります。

特に前歯は顔の印象も変わってくるため、素材は慎重に選ぶべきです。

上部構造

アバットメントに被せる歯部分です。材質は、レジン、セラミック、金合金で、一本につき3~20万円程度が相場です。

手術費

手術費の中には、検査代、麻酔や痛み止めなどの薬代などが含まれますが、以上の他に定期的なメンテナンス料金は別途かかります。

即時荷重ができる人できない人

即時荷重は、メリットの大きい方法ではありますが、希望すれば必ず出来るわけではありません。インプラント体を埋入したときにしっかりと固定される「初期固定」が必要なためです。それには、骨の量や質が十分であることが条件になります。また、オールオンフォーのように、即時荷重がデフォルメの場合には、インプラント体や初期固定が得られるように傾斜して埋入するなどのプロトコルがあります。即時荷重を希望する場合には、自分に合った治療法なのか、十分に検査をする必要があります。

参照元:即時荷重インプラント│昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室(昭和歯学会雑誌.2006.26巻1号)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dentalmedres1981/26/1/26_81/_pdf/-char/ja

関連ページ

~オールオン4のすべて~【東京版】

怖くない!インプラント治療方法を紹介
抜歯即時インプラントとは?
骨が足りない場合の骨造成術「サイナスリフト・ソケットリフト」
切らないフラップレスインプラント
ガイデッドサージェリーとは?
歯医者が怖い方におすすめの静脈内鎮静法