~オールオン4のすべて~【東京版】 » 怖くない!インプラント治療方法を紹介 » 歯医者が怖い方におすすめの静脈内鎮静法
公開日: |最終更新日時:

歯医者が怖い方におすすめの静脈内鎮静法

インプラント手術では局所麻酔をおこないます。ただ、局所麻酔は作用する部位の痛みを感じなくするためのもので、精神的な作用はありません。そのため、手術に対する不安感や恐怖心などを軽減することはできません。そこで、不安感や恐怖心が強い方に対しては、「静脈内鎮静法」という精神鎮静法をとることがあります。この方法では、意識が半覚醒状態になり、不安感や恐怖心が軽減されます。

「静脈内鎮静法とは」

「静脈内鎮静法」は、前述の通り、精神鎮静法の一つです。歯科における精神鎮静法は主に2つあり、もう一つは「笑気」という麻酔ガスを吸入する「吸入鎮静法」です。ただ、大きな侵襲を伴うインプラント手術の場合には、「吸入鎮静法」よりも効果の高い「静脈内鎮静法」が実施されます。点滴により静脈内に直接麻酔薬を投与するという方法です。意識はなくなくなることはないですが、「健忘作用(けんぼうさよう)」があるため、術中のことはおぼえていないこともあります。

「全身麻酔との違い」

静脈内鎮静法と全身麻酔の大きな違いは、意識があるかないかです。全身麻酔は意識がなくなり、また、自発呼吸もできませんので、人工呼吸器が必要になり、入院が必要です。 静脈内鎮静法では、意識がなくなりませんので、呼吸もできますし、入院は不要です。

「静脈内鎮静法のメリット」

恐怖心や不安感の払拭

静脈内鎮静法の大きなメリットは、麻酔薬投与により、リラックスできて、恐怖心や不安感を感じにくくなということです。治療時のストレスを感じにくくなるので、血圧や呼吸なども安定することになります。

緊急時に対応

静脈内鎮静法をおこなっている場合、点滴をしています。ですから、持病などがあり、手術中に異変があった場合には、そのルートから必要な薬剤などを投与できるため、対応が早くできます。

「静脈内鎮静法のデメリット」

ガイドラインに即した対応が必要

静脈内鎮静法では、ガイドラインがあり、血圧や脈拍などバイタルサインのモニター、歯科麻酔医などの立会い等が定められているため、対応できるクリニックが限られる場合があります。

費用がかかる

静脈内鎮静法をおこなうには、別途費用が必要です。インプラント手術の場合には健康保険の適用とはなりませんので、自費で支払う必要があります。

静脈内鎮静法を使用した手術の流れ

  1. インプラント手術当日、来院したらまず体調を確認します。
  2. 不安や疑問点がある場合は質問をして、この時点で解消します。
  3. 血圧計や心電図等の生体モニターを準備し、点滴を注入します。
  4. 注入後1~3分程度で意識がぼんやりとしはじめ、治療中の記憶はほとんど残らないでしょう。
  5. 麻酔医が「痛みを感じていないか」などを確認しながら、薬の投与について微調整を行います。
  6. 目覚めたら手術が終わっている状態です、このまましばらく安静にします。
  7. 身体のふらつきなどがなくなり意識がハッキリしたら帰宅します。

静脈内鎮静法を受ける際の注意事項

体調によっては受けられない

体調によっては受けられない場合があります。睡眠不足などにならないようにしてください。特に持病を持っている方の場合は、確認が必要です。服用している薬によって、使用できない麻酔薬があります。

処置開始4時間前から飲食不可

静脈内鎮静法によって、気分が悪くなり、嘔吐などの症状が出ることがあります。その場合に備えて、4時間前から飲食は控えてください。胃に内容物がある場合、誤嚥(間違えて気管へ吐瀉物が入る)や窒息の可能性もあります。

帰宅時は車の運転等はNG

手術後も、麻酔が覚めるまでは、しばらく安静にしておく必要があります。眠気などが収まってクリニックから帰るときでも、まだ影響は残っている場合があります。車などの乗り物を自分で運転するのは避けましょう。

麻酔効果はしばらく残る

麻酔後は速やかに回復をしますが、薬剤の代謝は年齢や体格など、個人によって違います。ふらつきや眠気などが数時間程度残ることもありますので、手術後にはゆっくり休息をしてください。

恐怖心が強い方に静脈内鎮静法はおすすめ

局所麻酔で手術の直接の痛みは消えますが、意識がハッキリしていると音や振動などから“痛み”を想像するため、直接の痛みはなくても大きなストレスとなります。

静脈内鎮静法では半分寝ている状態となるため音や振動も感じず、痛みを感じとることはほとんどありません。静脈内鎮静法でのインプラント手術を受けた方は「目が覚めたら終わっていた」「手術時間があっという間だった」などと話す方が多く、治療中のストレスがなくなることが実証されています。

静脈内鎮静法をより正確に使用するために麻酔医が生体モニターで血圧や心拍数などの全身管理を担当するため、途中で目覚めてしまい痛みを感じるといったこともほとんどありません。

きちんと薬が効いていることを麻酔医が確認してから手術が行われますし、手術終了後は速やかに麻酔の効果がなくなるため意識がハッキリした状態で帰宅することができます。静脈内鎮静法は治療に対する恐怖心が強い方に特におすすめです。

インプラント治療を受けたいけど怖いから躊躇している方は、静脈内鎮静法を採用しているクリニックを選ぶことでインプラント治療のハードルがグッと下がります。

関連ページ

~オールオン4のすべて~【東京版】

怖くない!インプラント治療方法を紹介
骨が足りない場合の骨造成術「サイナスリフト・ソケットリフト」
即時荷重インプラントとは?
切らないフラップレスインプラント
ガイデッドサージェリーとは?
抜歯即時インプラントとは?